fc2ブログ

7月4日

74() 快晴

 

今日はピンチヒッターで又私が登場します。センスのない文章をお許しください。

今日は湿度が高く気温も高かったので、やや体力を消耗する一日でした。

午前中はお寺の経営している正福寺(しょうふくじ)幼稚園でオーストラリアの青年による歌とダンスを子供と楽しむ会を開催した。昨日・一昨日の保育園とは異なり年齢がやや高かったので園児の対応が良かったように感じた。英語の歌に合わせて元気に踊る姿はとてもほほえましかった。園児は約80

午後一番で東京教区聖職須賀司祭が離釜。一週間ご苦労さんでした。

午後は通称昭和園(正式名は中妻仮設で元野球場)で被災者の皆様と一緒にオーストラリアについて学び(人種、地理、気候、宗教、彼らの住んでいる所、その他)、青年によるダンスと歌を楽しんだ。その後は持参したケーキを持ち込んでお茶っこ。参加者は約20名、オーストラリアに関して質問が活発にあり、青年たちも質問があった事について満足していた。

この仮設の責任者の話ではここは自己管理が許されている。入居者は津波から命からがらのがれてきた人が多く、すべてを失っている。一人の婦人は元鵜住居(うのすまい)の住人で、駅のすぐ近くに住んでいた。駅近くには一階がお店で二階が住居が道路の両側あったそうですが、今はまったく何も存在していません。住人はまさか防波堤を超えて津波がここまで来るとは思っていなかったので、亡くなった方が多いようです。しかも不明者がまだまだまだ多い地区。

園児と高齢者との交わりで忙しい一日でした。青年たちは恐らく疲れのピークではないでしょうか。彼らのエネルギーは素晴らしく、被災者のかたがたは若者からこのエネルギーを貰ったととても喜んでおられたようです。

 

八幡眞也

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
プロフィール

日本聖公会 北海道教区の東日本大震災支援室のブログです。
岩手県釜石市にある、釜石神愛教会・神愛幼児学園を拠点として支援活動を行っています。

※ このブログに掲載されている写真は、許可を得て掲載しています。

nskkhokkaido

Counter
リンク
最新記事
カテゴリ
QRコード
QR
最新トラックバック
最新コメント