fc2ブログ

10月8日

10月8日

晴れ時々曇り。暖かな一日。

本日のワークは写真洗浄。場所はセンター。でもその前に物資が到着。仕分けを行うことに。ロジステック関係の仕事を仙台のMさんが行ってくださるので助かります。

予定の9時半を少し遅れて写真洗浄スタート。今回は前回の作業の続きでTちゃん家族の写真洗浄。長い物語が続いてます。Tちゃんのご家族は無事が確認されていて、我々も安心して作業に取り組めました。一日向き合ったTちゃんはもう家族も同然。写真のなかの小さな仕草からTちゃんの心情を掴みます。写真のTちゃんはまだ小さいですが、いまは推定24歳。どんな女性に成長しているのでしょうか。

Tちゃんについてはある論争があります。一人っ子説と弟がいる説です。ときどき弟と思われる赤ちゃんが登場するのです。ほとんど家族のように映っているその赤ちゃんがやはり弟ではないかという説が有力になった頃、決定的な写真が登場しました。赤ちゃんを抱いているパパがTちゃんのパパとは別人だったのです。その写真の出現により、現段階ではその赤ちゃんは従兄弟である説が有力になっています。

11時に加藤主教、晶子夫人来釜。晶子夫人には写真洗浄に加わっていただきました。感謝。今日は話もはずみ楽しい作業に。

今日のトピックスは写真洗浄しながらでも、来場者対応がきちんとできたこと。足湯利用者第一号も誕生しました。足湯マスター向井さんの働きに感謝。また到着そうそうからお働きくださった末吉さんにも感謝。お会いしてまだ半日なのに、数年来の友人のような気にさせるそのお人柄は素敵です。

夕方、向井さん・末吉さんをお連れしてカリタスと新生教会へご挨拶。夕食は向井さん作のぺペロンチーノ。美味しくいただきました。

本日の来場者は介護の問題を抱えた方が多く、ゆっくりその話しを聴けたのがよかったと思います。来場者5名。

 

日本聖公会「いっしょに歩こうプロジェクト」釜石被災者支援センター コーディネーター海老原祐治

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
プロフィール

日本聖公会 北海道教区の東日本大震災支援室のブログです。
岩手県釜石市にある、釜石神愛教会・神愛幼児学園を拠点として支援活動を行っています。

※ このブログに掲載されている写真は、許可を得て掲載しています。

nskkhokkaido

Counter
リンク
最新記事
カテゴリ
QRコード
QR
最新トラックバック
最新コメント